不動産担保ローンと住宅ローンの違い

不動産担保ローンとは不動産を担保として提供したうえで融資を受けるローンのことです。不動産という安定して高い価値を持つ資産を担保にすることで高額の融資を受けやすいだけでなく、低めの金利や通りやすい審査といったメリットを得ることができます。

貸す側としてはいざ返済不能に陥ったら担保の不動産を売却して弁済すればよいわけですから、貸し倒れのリスクが少ないローンとなります。それだけに金利面や融資額の面でも優遇することができるわけです。

しかし不動産を担保にしてお金を借りるとなると住宅ローンと何が違うのか?という疑問も生じます。住宅ローンも広い意味での不動産担保ローンなのですが、金融機関が住宅ローンではなく「不動産担保ローン」と名づけて売り出している商品との間にはいくつかの面で違いが見られます。

両者の最大の違いは用途にあります。住宅ローンとはその名前の通り住宅購入に必要な資金を調達するために用意されているのに対して不動産担保ローンはより広い用途に利用できます。完全に用途を自由に設定している商品もあれば、ある程度限定している商品もあります。住宅購入の資金にも使えるので事実上住宅ローンとして使うこともできるわけです。なんらかの事情で住宅ローンを利用することができない、審査で落ちてしまったといったケースでも利用しやすいのも不動産担保ローンの特徴です。

用途自由ですから、住宅購入の資金として利用したうえで残ったお金を自動車購入や子供の教育資金などに振り向けるといった自由な使い方が不動産担保ローンにはできるのも住宅ローンとの違いとして挙げられます。

また用途の中には事業性資金も含まれていることが多く、こちらを目的に利用されるケースが多いのも不動産担保ローンの特徴、個人目的の利用が多い住宅ローンとの大きな違いとなるでしょう。

こうした用途に加えて担保に差し出す不動産の違いも見逃せません。住宅ローンの多くは購入する物件を担保にしたうえで融資を受ける形になります。マイホーム購入のために住宅ローンを利用するのはその典型的な例でしょう。それに対して不動産担保ローンは原則としてすでに不動産を所有している人を対象にしています。

すでに所有している不動産を担保に差し出して融資を受ける形だからこそ、幅広い用途にも利用できるわけです。また担保にする不動産は申し込む本人名義に限らず親族など他人名義でも可能です。

万一返済不能に陥ってしまった場合には不動産を売却して弁済する。この点ではどちらも共通していますが、抵当権の順位の点で違いが出てくることもあります。住宅ローンの場合は第一の抵当権を設定することが絶対条件なのに対して不動産担保ローンの場合は二位、三位の設定でも融資を行っている商品が見られます。

抵当権が第一に設定されていないと万一返済不能になって担保の不動産を売却した場合でも弁済できない可能性が出てくるわけですが、不動産担保ローンではそれでも融資を行うケースがあるわけです(ただし審査に落ちてしまうケースや金利などの面で不利になるケースが多い)。

全体的に見て不動産担保ローンの方が使い勝手がよく、すでに不動産を所有している人にとっては住宅ローンよりも魅力的な印象もありますが、金利や返済期間の面で不利になる部分もあります。一般的に住宅ローンのほうが金利が低めで返済期間も長く設定できるからです。「フラット35」などの制度を利用すれば20年、30年の返済期間を固定金利で利用できるのに対し、不動産担保ローンではやや高めの金利で借りる必要があるため、同じ金額を借りても最終的な返済額に差が出てしまいます。

こうして見ても同じ不動産を担保にするローンでも両者の間には大きな違いがあることがわかります。利用を検討する際にはその違いをよく比較したうえで慎重に判断していくようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*