不動産担保ローンの仮審査はどうなっている?

ローンの申し込みといえば審査。これをクリアしないことには資金調達もままなりません。しかしお金が必要な人ほど収入や職業、担保などの面で審査をクリアできる条件を満たしていないことが多くせっかく申し込んでも断られてしまうことが多いものです。

では不動産担保ローンの審査はどうなっているのでしょうか?このローンの最大の特徴は不動産という「強力な」担保を用意する点にあります。そのため無担保ローンをはじめとした他のローンに比べると審査が通りやすく、融資を受けやすいとも言われています。

とはいえ、誰でも審査にクリアするというわけではなく状況によっては落ちてしまうケースもありえます。不動産担保ローンを提供している金融機関は審査においてどういった点をチェックしているのでしょうか。この点を知っておくことで申し込む際に自分が審査に受かりやすいかどうか、落ちてしまうリスクを抱えているかどうかをあらかじめ推測しておくこともできます。

ローンの前に行われるのが仮審査です。ネットなどで基本情報を記入したうえで申し込むとまずこの仮審査が行われ、クリアすると正式に申し込んだうえで本審査を受ける形になるケースが一般的です。

申し込む側からすればわざわざ面倒な思いをして申し込んだあげく審査で落ちてしまうよりも仮審査で融資を受けられるかどうかをある程度判断できるので手間がかからないメリットがありますし、金融機関としても対応にかかる時間と手間を省くことができるため、ほとんどの金融機関では仮審査を導入しています。

中には即日で仮審査の結果が出ることをセールスポイントにしているところもあり、急ぎで資金調達を必要としている方には有力な選択肢となるでしょう。しかしそれだけ早く終わる審査でいったいどこを見ているのでしょうか。

仮審査においてチェックされるのは一般的に担保となる不動産の情報です。不動産担保ローンにおける最大の鍵となる部分ですから、仮審査の段階でも入念にチェックされます。まず担保の対象となる不動産の所在地と不動産の種類。

所在地は不動産の価値を知る重要な手がかりですし、店舗や一般住宅、賃貸物件などの種類は担保としての可能性を知る情報になります。賃貸物件のように売却以外にも収益を上げる余地があるかどうかはとくに重要です。

それから土地面積と築年数。こちらも物件の価値を知る上でとても重要な部分、そして借り入れ希望額が参照されます。つまり担保となる不動産の大まかな価値を確認したうえで借り入れ希望額に応えることができるかどうかが判断されるわけです。

これら基本的な情報を確認したうえでより踏み込んだ審査が行われます。例えば抵当権の設定状況。すでに抵当権が設定されているかどうか、抵当権が二位・三位でも融資を行う会社はともかく、そうでない場合にはこの段階で審査に落ちてしまうことになります。それから資金の使い道と本人の収入や職業の状況が問われます。

用途自由の不動産担保ローンでも使い道によって審査の結果が異なる場合も出てきます。当然返済不能に陥りにくい用途の方が有利になり、個人的な消費・買い物などのために使用する場合には不利になるのです。

収入・職業に関しては他のローンに比べるとそれほど厳しくはありませんが、やはり安定した収入が得られている環境の方がよいのは言うまでもありません。

こうした点が考慮したうえで仮審査の結果が出ることになります。ここでクリアできればひと安心、本審査で融資そのものが断られてしまうことはまずないでしょう。申し込む際には虚偽の情報を提供するのは絶対に避けるのはもちろん、できるだけ正確な情報を提示できるよう準備しておくことが求められます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*