広島で不動産担保ローンを利用する際のポイント

広島市は人口約120万人の中国地方最大の都市です。重工業だけでなく商業も盛んで観光客も多く、中国地方の経済の中心でもあります。活発な経済活動が行われているため、融資を行う金融機関やノンバンクも多く、選択肢が多くあります。広島で不動産担保ローンを利用する場合、まずは銀行からの借り入れを考える人も多いと思います。広島には地域に根ざした経営を行う地銀だけでなく、九州や関西地方の銀行もあります。また都市銀行の各支店もあるため、銀行からの融資を受ける場合、自分の希望にあった銀行が選べるようになっています。

広島で企業経営を行っている場合、地銀に不動産担保ローンを申し込むことを考えると思います。地域に根ざした経営を行っていることもあり、地域の地価にも精通しているため、審査や融資までの時間が比較的スムーズに行われることが多いです。特にすでに取引がある銀行であれば、運転資金等の融資にも快く応じてくれるので、企業家にとっては頼もしい存在になっています。これはあくまですでに取引があり、ある程度馴染みがある場合に限られるということを知ってほしいと思います。

これから新たに事業を始める場合や、地元の銀行との取引がほとんどあるいは全く無い場合、いわゆる新規参入の場合、ハードルが若干高くなります。地域密着型の銀行は特に古くからの付き合いがある個人や企業を優遇する傾向があるので、地元ではないことがわかると、融資を渋ることさえあります。これは広島に限ったことではなく、どの地域でも同じことが言えます。もし地元の銀行が融資を渋る場合には、都市銀行での融資を検討してみることができるかもしれません。

都市銀行は全国レベルで顧客対応を行っていることもあって、外部からの参入や、新規参入の企業や個人事業主に対して、首都圏と同じ対応をしてくれるという安心感があります。地銀で断られても、都市銀行で不動産担保ローンを組めたという人は少なくありません。分け隔てないという点では評価できますが、地銀と比較するとどうしても担保について若干厳し目の評価をすることがあります。地銀の場合、地元の経済状況や不動産の売買状況を事細かに把握している事もあって、余裕を持った評価をしてくれるのですが、都市銀行はあくまで路線価などから評価せざるを得ないので、思ったよりも融資額が少ないということが起こり得るのです。

銀行での融資が受けられれば金利が低いため、経営者からすれば優先的に利用したいものですが、必ずしも銀行融資が受けられるとは限りません。経営状況や経営計画などに不安要素があると融資が断られることもあるからです。そのようなときに考えたいのがノンバンクからの融資です。広島は大都市圏でもあるので、ノンバンク系の融資も選択肢が豊富にあります。そのため、不動産担保ローンを利用できる機会が多くあるという利点があります。

ノンバンクの利点は融資までの時間がスピーディーであるという点です。銀行は審査に時間がかかってしまうのと、担保評価額に対する融資額の比率が厳しくなっているため、期待できる融資が得られるとは限りません。ノンバンクの場合、審査は最短で即日、融資までは2営業日程度というところもあるので、急に資金が必要になった場合でも、安心して融資が受けられるという利点があります。これは銀行に比べて審査を行う際、独自の経験とノウハウを生かしているからです。また法律に法って融資を行うため、いわゆる違法な取り立てを心配する必要もありません。広島で不動産担保ローンを利用する場合には、複数のノンバンクを比較してみるのもいいでしょう。その中から最も良い条件のものを選べばよいのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*