不動産担保ローンとは?

事業資金や生活資金が必要になったとき、どんな方法で資金を調達したいと思いますか?資金調達方法にはいくつもの手段があるので、自分にあった方法で最適な資金調達をしたいと考えるかもしれません。少額の資金調達ならクレジットカードのキャッシングやカードローンを利用する方法がすぐに思い浮かぶものですが、ある程度まとまった資金を調達する場合、どうやったら資金が調達できるか悩んでしまう人が多いです。

銀行融資を考えたいと思っても、すでに銀行から融資を受けている場合は、新たな融資が受けられるまでかなり時間がかかってしまうことがありますし、審査に通らない可能性さえあります。殊に設備投資やこれから事業を始めるといった場合、多額の資金が必要になるので、無担保での借り入れにはどうしても限界が生じます。また消費者金融での借り入れは貸金業法の改正も重なって、かつてのように多額の借り入れができなくなりましたし、高い金利を支払い続けるといった問題点もあります。こうした状況の場合、何が一番良いのでしょうか。

もしあなたが担保として提供できる不動産を所有しているのであれば、不動産担保ローンを利用する方法があります。不動産担保ローンとは不動産を担保として提供する代わりに、多額の資金を調達する方法です。事業資金や運転資金など目的をある程度選ぶことができるので、利用しやすいのが特徴です。特にすぐに多額の資金を必要としている場合には、不動産担保ローンが一番の近道と言っても過言ではありません。

不動産担保ローンの中でも注目できるのが、ソフトバンクグループのsbiエステートファイナンスが提供する不動産担保ローンです。融資金は最大で5億円まで調達可能で、金利も2.9%~9.5%と他の消費者金融と比較しても低金利です。融資金の使用用途は個人利用、事業性資金利用それぞれで可能なので、資金が急に必要になった場合や、これから新たに事業を始めたいものの、信用力に問題があり、銀行融資が得られない場合などに力を発揮してくれます。

sbiエステートファイナンスの不動産担保ローンの別の特徴は、融資スピードの速さです。銀行融資の場合、融資決定までかなりの時間が必要になる場合が少なくありませんし、融資が決まったとしても、希望金額を満額認めてもらえるとは限りません。特に急に資金が必要になった場合などは、間に合わないことさえあります。とにかく今週中に資金が必要だという場合、sbiエステートファイナンスの不動産担保ローンならわずか3営業日以内での融資が可能です。

心配になるのが返済期間だと思います。融資が決まったものの、返済期間が短ければ毎月の返済額が経営に影響を与える可能性は非常に大きくなってしまいます。sbiエステートファイナンスはどうなのかというと、最長300カ月(25年)の返済期間が設定できるので、経営体力に合わせて返済が可能です。経営者にとって安心できる返済プランだと思います。

個人の資金調達をする場合も、法人とほぼ同じ内容で融資が可能です。個人で事業を始めたい場合や、新たに事務所や工場を取得する場合など、多額の資金が必要になる場合でも、安心して借り入れができます。ベンチャーで事業を始める場合など、これから新たなことにチャレンジしたい人を応援してくれるのが嬉しいポイントです。

sbiグループにはその他にも住信sbiネット銀行が不動産担保ローンを提供しています。こちらの場合、融資額が最大1億円までですので、sbiエステートファイナンスと比較すると資金調達の幅が少なくなりますが、返済は同じ最大25年まで選択できます。ちなみにどちらとも繰り上げ返済が可能なので、事業がある程度軌道に乗った時点で一気に返済するというのも良いかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*