担保掛目9割の東京スター銀行の不動産担保ローンはおすすめ!

第二地銀・東京スター銀行のスター不動産担保ローンはちょっと注目です。銀行系の不動産担保ローンとしてはそれ程金利が低いわけではないですが、金利の上限設定は抑え目で、おまとめローンや乗換ローンとして利用している人も少なくありません。

スター不動産担保ローンのメリットは主に3つあります。
○おまとめローンや乗換ローンとして役立ちます。それは金利上限が10%以下になっているからです。しかも融資限度額が1億円ですので、担保価値の高い不動産物件を持っていれば、高額融資が比較的に受けやすいというメリットがあります。

具体的にはスターワン住宅ローン基準金利に調整幅をプラスして計算しますから、最低金利が年利0.85%で最高金利でも年利8.85%に納まります。有担保の銀行ローンとしては上限が高めになっていますが、ノンバンク系の年利15%前後と比較するとかなりお得感があります。

これで高い金利の借金をひとまとめにするおまとめローンとしての利用価値がでてきます。

○また公式サイトには担保掛目が90%まで可能とあります。これで担保価値(路線価)の9割まで融資を求めることが可能になります。例えば3000万円の不動産価値があれば、最大2700万円までの融資が可能だということです。

ちなみに一般の銀行系担保ローンでは7~80%が上限ですので、大きな融資が必要の際はおすすめのローンだと言えるでしょう。

○担保物件は本人名義に限定されないというのもメリットです。こちらのローンでは、両親や配偶者、実の兄弟姉妹の所有する不動産物件でも担保をして受けてくれます。つまり家族の誰かの土地や住宅を担保にお金が借りられるという利便性があるのです。

ただし、本人名義以外の担保物件を利用する場合、その担保の名義人が連帯保証人となる事を知っておきましょう。万が一には、担保物件が清算処分されるリスクを同意してもらう必要があります。

これらがスター不動産担保ローンの利点になります。一般的な銀行よりも融通が利く点もメリットに加えておきましょう。

では反対に、スター不動産担保ローンのデメリットにも振れておきます。こちらも3つ上げることができます。

○事務手数料が必要です。税込みで108,000円を契約時に支払います。これははっきり言って見過ごせないレベルでしょう。1000万円単位の融資であれば仕方がないですが、100万円とか200万円であれば手数料が大き過ぎます。

つまり融資額が小さい場合は、他のローンを選ぶ方がお得かもしれません。

○変動金利を選んだ場合、金利は安めに設定できますが、もし今のゼロ金利政策が終われば当然上昇してしまいます。10年返済の場合は、特に経済情勢の変化に要注意で、適応金利が上がる場合のリスクは理解しておかなければなりません。

繰り返しますが、日銀のゼロ金利政策が終了すれば、アメリカドルのように金利上昇局面に突入することは必至です。もし変動金利を選ぶとしても、3年の短期返済の方がまだ安心でしょう。

○事業性資金としては利用できないのは皆さんもよく御存じのことでしょう。これはスター銀行に限ったことではありません。どの銀行の不動産担保ローンでも事業資金に利用することができませんので、用途に関してはよく注意してください。

なお、資金使途違反とみなされれば、即刻借金清算がなされます。現金がなければ担保の不動産は競売などに掛けられるので注意しましょう。

このようにデメリットも選ぶ時の基準とするべきでしょう。特に手数料の件は、直接問い合わせるほうが良いです。

最後にスター不動産担保ローンの審査のポイントですが、返済能力の審査基準に『年収200万円以上』の条件が付いています。これをクリアすれば勤務先や勤続年数などはそれ程厳しくないとされています。

ただし金融信用情報機関の履歴はNGとなりやすいでしょう。過去に金融トラブルのクレヒスがある方は要注意です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*