不動産担保ローンとは?その特徴やメリットとデメリットについて

不動産担保ローンとは、文字通り、不動産を担保にお金を借りるローンのことを指します。一般のカードローンと何が違うのか、どんなメリットやデメリットがあるのかを詳しく見ていきましょう。

通常、カードローンの場合、担保や保証人なしでお金を借りることができます。一方、不動産担保ローンでは、所有する土地やマンションなどの建物を担保にしなければなりません。不動産の価値に応じて多額のお金を借りることが可能ですが、返済できない時にはその不動産を処分しなければならないリスクがあることを理解しておきましょう。

担保に入れる不動産は、基本的には融資を受ける本人が所有する不動産ですが、金融機関によっては、三親等以内の親族の名義の不動産も担保にできるところがあります。ただ、本人名義の不動産に限定する金融機関も少なくないので、申し込む前に確認しておきましょう。

また、融資を受けることのできる金額は、不動産を担保にするだけに、その価値に応じたものになります。他のローンと同じく、借りる人の信用力や返済能力が重視されるのはもちろんですが、それに加えて、担保にする不動産の価値も重視されることを覚えておきましょう。つまり、いくら広大な土地を持っていても、需要のない原野を担保にしようとした場合、融資を受けられないこともあるということです。

不動産担保ローンで借りたお金は、基本的には使い道が自由です。ただし、事業の運転資金など、事業性のある用途には使えないと制限している金融機関も少なくありません。基本的には事業資金以外の目的で利用するローンだと捉えておくべきでしょう。

以上が不動産担保ローンの基本的な性格ですが、ここからは法人向けのビジネスローンや無担保のカードローンにないメリットをお伝えします。まず、なんといってもローンの金利が低いのが魅力です。ビジネスローンやカードローンの場合、4~15%の金利が一般的ですが、不動産担保ローンでは2.9~9.5%と低金利になっています。返済総額が安くなるということですので、これは大きなメリットです。

また、不動産の価値によってはかなり大きな金額を借りることも可能です。カードローンの場合、高くても1,000万円程度ですが、価値の高い不動産を担保にできれば、1億円以上の融資を受けることも可能になります。

加えて、それだけ多額の融資を受ける分、返済期間も長期に設定されるのが一般的です。10~30年、なかにはそれ以上のローンを提供している金融機関があります。長期になるほど支払う利息は大きくなりますが、月々の負担を抑えられるのはメリットです。

不動産担保ローン比較ランキング決定版

不動産担保ローンのデメリットも見ておきましょう。まず、冒頭でも触れたように、不動産を担保にする以上、返済できない時にはその不動産が処分されてしまいます。担保にする不動産は、融資する金融機関が抵当権の登記を行うので、返済が滞った時には金融機関がそれを自由に売却できる権利があるということです。

それ以外のデメリットでは、カードローンのような無担保ローンよりも融資までに時間がかかることでしょう。ローンのなかには申し込んだ当日に融資を受けられるものもありますが、不動産担保ローンでは、担保にする不動産の評価にある程度の時間がかかるため、即日融資は不可能です。早くて数日、長いと融資までに1週間以上かかることもあることは覚えておくべきでしょう。

もう一つデメリットを挙げるなら、不動産担保ローンにはさまざまな手数料が発生することです。カードローンの場合、利息以外の手数料は通常、発生しませんが、不動産担保ローンでは、不動産鑑定費用、抵当権の登記費用、印紙代、そのほか事務手数料などがかかります。場合によっては、手数料だけで数十万円にも上ることもあるので注意してください。